交通事故問題

こんなお悩みありませんか?

加害者の保険会社から示談金額を提示されたが、妥当なのかどうかが分からない。
自分にも過失があることは認めるが、示された過失割合に納得がいかない。
相手方の保険会社の対応に不満があり、自分で交渉したくない。

弁護士への交通事故相談でできること、分かること

  • 保険会社からの提示条件よりも裁判基準の方が上回った場合、裁判基準での解決を目指して交渉します。
  • 過失割合について、裁判で争った場合の結果の見通しを立てることができます。
  • ご依頼者様に代わって、代理人として相手方と交渉を行います。

弁護士費用特約とは?(弁護士に相談するメリット)

最近目にする機会が多くなった「弁護士費用特約」。

文字通り、弁護士費用を保険会社が負担する特約のことです。

物損など、請求額そのものが低い場合でも、気軽にご相談・ご依頼いただくことができます。

ご自分が加入されている自動車保険に弁護士費用特約が付いているかどうか、ぜひご確認ください。

ケーススタディ

ご相談内容

被害者は、横断歩道を歩行中に右折してきた自動車にひかれて死亡。

遺族に対し保険会社から賠償額の提示があったが、思ったより低かったため、弁護士に相談された。

矢印

当事務所の対応

遺族からの依頼を受け、加害者の保険会社と交渉を行った。

矢印

結果

保険会社の当初の提示額よりも2,000万円以上高い金額で示談が成立した。

矢印

ポイント

人身事故では、 保険会社が提示する賠償額は、裁判基準よりも低いのが通常です。

死亡事故の場合、もともとの賠償金額が高いので、その差も非常に大きくなります。

弁護士に依頼すれば、裁判基準での解決が期待できます。

まとめ

こちら側の過失がゼロのケースでは、相手方への賠償が発生しないため、ご自身の加入されている保険会社は動くことができません。

このような場合には、弁護士に相談することをご検討ください。

お問い合わせ Mail お気軽にご相談ください。初めての法律相談 First 気になる費用について…など弁護士ブログ Blogよくある質問 Q&Aケーススタディ